研究成果

論文 | 学会発表 | 出版 | 調査結果 | シンポジウム | プレス | 研究実施状況報告書

論文

  • 瀬戸山晃一
    「新型出生前診断技術の利用をめぐる倫理的懸念の考察」
    日本法政学会『法政論叢』第50巻2号、pp.278-297、2014年8月
  • 瀬戸山晃一
    「医療の進歩と法政策 : パターナリズム論による診断 【連続シンポジウム】岡山発「わが国の政策課題への処方箋」医療政策と法−医療を取り巻く諸政策を中心として−」
    日本法政学会『法政論叢』第51巻第2号、pp. 301-316、2015年8月
  • Yukari ITO, Koichi SETOYAMA, Tomoko MIYAKE
    “Health service use of Women of Advanced maternal age in Japan”
    Journal of Nursing & Care 5(4) 252, 2016年8月
  • Yukari ITO, Koichi SETOYAMA, Tomoko MIYAKE
    “Impact of pregnancy and childbirth over 40 in Japan: Challenges and Solutions for administering effective care”
    Journal of Nursing & Care 5(8) -110, 2016年10月

学会発表

  • 瀬戸山晃一(招待講演)
    「医療の進歩と法政策」
    シンポジウム統一テーマ『医療政策と法―医療を取り巻く諸政策を中心として』 日本法政学会、岡山大学、2014年11月15日
  • Koichi Setoyama
    "Paternalism in Medical Ethics"
    2014 International Conference of the Japanese Association for Philosophical and Ethical Researches in Medicine, Tokyo University, 2014.11.24
  • 瀬戸山晃一(招待講演)
    「臨床研究の規制の現状と今後のありかたについて」
    日本慢性疾患重症化予防学会第一回年次学術集会、兵庫医科大学、2015年2月15日
  • Yukari ITO, Koichi SETOYAMA, Tomoko MIYAKE
    "Health service use of Woman of Advanced Maternal Age in Japan",
    The 6th World Nursing and Healthcare Conference, at London, UK, 2016年8月
  • Yukari ITO, Koichi SETOYAMA, Tomoko MIYAKE
    "Impact of Pregnancy and Childbirth over 40 in Japan: Challenges and Solutions for Administering Effective Care",
    The 15th Euro Nursing and Medicare Summit, at Roma, Italy, 2016年10月

出版

調査結果

アンケート調査の公表

平成26年(2014年)度に行われた妊婦さん対象のアンケートから、自由記述の部分をまとめました。

シンポジウム

シンポジウム 出産リテラシーセミナーシリーズ「出産と明日の視点」

趣旨
このシンポジウムは、出産について理解を深め、主体的にライフキャリアをデザインするため、出産リテラシーの啓もう活動を行うことを目的としています。妊娠・出産を身近な問題として考える機会を提供し、出産を迎える方への理解を深めます。
日時
2015年10月14日(水)10:30〜15:45
会場
サイバーメディアコモンズ  
大阪大学吹田キャンパス サイバーメディアセンター本館(〒567-0047大阪府茨木市美穂ヶ丘5番1号)
定員
80名
対象
学生・教職員・一般
受講料
無料
申込み・問合せ
伊藤研究室
(HP)http://amazonlily.org/
※セミナー1のみ事前登録制
プログラム
10:30〜12:00 セミナー1 アウトリーチワークショップ1 
「自分を育てる栄養とカラダ作り」(10:00より受付開始 ※事前登録制・先着順)
妊婦の方と大学生の混成チームで食生活について意見交換をし、食の自己管理能力を身に付けることを目指します。
元オリンピックアスリートの鈴木祐美子さん(鹿屋アスリート食堂)をお迎えして、アスリートの視点から食事の重要性とカラダへの影響についてのお話や、簡単で美味しく健康なレシピのご紹介をしていただきます。

12:00〜13:00 昼食

13:00〜14:30 セミナー2 講演会 「出産とライフデザイン」 (12:45より受付開始)
思春期から老年期にわたる各年代で知るべき多くの産婦人科の知識(月経・閉経などホルモンの変化についての正しい知識)と疾患の情報、加齢と妊娠のリスク(卵子の老化や不妊症の状況など)、日本女性の深刻なやせの状況と低出生体重児の問題、ライフキャリアを考える機会を提供します。
  • 講演1「妊娠・出産のウソ・ホント」
    大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 生命育成看護科学講座 大橋一友教授
  • 講演2「妊孕世代女性の栄養状態の現状と課題:今日から取り組む食の改善」 
    大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 生命育成看護科学講座 渡邊浩子教授
  • 講演3「妊娠・出産の高齢化状況の考察」 
    大阪大学国際教育交流センター 伊藤ゆかり准教授
14:45〜15:45 セミナー3 アウトリーチワークショップ3 
「主体的にデザインする明日のライフキャリア」 (14:30より受付開始)
ワークを通じて自分の考えや価値観を掘り下げ、自らの人生の価値観を見つめ直します。4つの領域「自分自身・仕事・コミュニティ・家庭」に調和をもたらす新たなビジョンを描きます。
パンフレット
シンポジウムパンフレット1
シンポジウムパンフレット2

プレス

研究実施状況報告書